本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(佐賀)道府県防衛協会の紹介 女性部会関連

新着情報:女性部会 平成26年度後期女性部会研修会(27.3.6)


               
              吉野ヶ里歴史公園(写真紹介:佐賀県防衛協会)

目的及び事業

●目的
 本会は、県内の地区市町村防衛協会(以下「単位防衛協会」という。)との連絡協議体として、相互の連絡調整を保ち、友好団体と協力して民間防衛の基盤を拡充強化するとともに自衛隊の諸行事に対する支援協力を行い、もって、自衛隊の健全な育成発展に貢献することを目的とする。
●事業
1 単位防衛協会の連絡調整
2 自衛隊の行う各種行事に対する支援協力
3 防衛意識の普及高揚及び青少年・婦人層の自衛隊に対する関心の助長
4 自衛隊員及び海外派遣隊員の留守家族の激励・慰問
5 隊員募集及び退職自衛官の就職援助
6 その他本会の目的を達成するため必要な事業

主要役員(平成20年6月現在:順不同・敬称略)

 役職名 氏   名( 職  名 ) 
 特別顧問 古川  康  佐賀県知事  
原口 儀己  佐賀県議会議員
 顧問 保利 耕輔  衆議院議員
今村 雅広  衆議院議員
原口 一博  衆議院議員
福岡 資麿  衆議院議員
広津 素子  衆議院議員
大串  博  衆議院議員
岩永 浩美  参議院議員
川崎  稔 参議院議員
井本  勇  元佐賀県知事
杉町誠二郎  轄イ電工会長
指山 弘養  轄イ賀銀行会長
松尾 幹夫  松尾建設渇長
牟田 秀敏  前鳥栖市長
 会長 大坪 勇郎※  23.6.14現在
 副会長 西村 正俊※  前佐賀市長
大坪 勇郎※  武雄市観光協会会長
飯盛 康登※  多久市観光協会会長
辻   駿吉※  樺メ薬店会長
上瀧 長久   伊万里信用金庫会長
桑原 允彦   鹿島市長
新原 玲子※  女性部会長
西村 和郎※  潟jシムラ社長
江頭 政則※  吉野ヶ里町長
 理事  江里口 秀次※  小城市長
大川 紀男   上蜂町長
小森 純一  基山町長
松本 茂幸  神埼市長
藤田 龍之※  佐賀県自衛隊父兄会会長
宮地 敏昭※ 鰍ユらざ社長
溝内 好昭※  佐賀県隊友会会長
中島 正晴※  嬉野防衛協会顧問
福岡 資麿※  佐賀県青年部会長
山崎 清二※  東部地区青年部会長
指山 清範  東部地区青年部副会長
森田  淳  唐津地区青年部会長
服巻 和孝※  青年部顧問
松田 国香  女性部副会長
大石 依子  女性部副会長
西村 陽子※  女性部副会長
塚原 俊子  女性部副会長
江口 順子  女性部会事務局長
 監事  末安 伸之  みやき町長 富崎 一巳  佐賀地区副会長
 事務局長  大隈 正道※  東部地区青年部事務局長

 備  考 ※は常任理事を表す。

 会 長   氏  名  長沼 冨士男
職  業  元佐賀県出納長、元(株)佐賀共栄銀行相談役          NPO法人オイスカ佐賀県支部長
      佐賀県神社総代会会長
履歴事項  平成2年7月 佐賀県防衛協会会長に就任
表  彰  平成3年 第4師団長感謝状
      平成5年 西部方面総監感謝状
      (平成6年 勲3等瑞宝章)
      平成8年 陸上幕僚長感謝状
      平成16年 防衛庁長官感謝状
 副会長   氏  名  西村 和郎
職  業 (株)ニシムラ 会長
履歴事項  平成17年7月 佐賀県防衛協会副会長に就任
表  彰  昭和63年 九州補給処長感謝状
      平成 5年 佐賀地連部長感謝状
      平成 7年 第4師団長感謝状
      平成12年 西部方面総監感謝状
      平成20年 全国防衛協会連合会会長表彰
女性部
会 長
  氏  名  西村 陽子
職  業  
履歴事項  
表  彰  
            
 事務局長    
氏   名  大隈 正道
職   業  農 業
役 職 等  吉野ヶ里町議会議員(総務常任委員会委員長)
       佐賀県銃剣道連盟特別理事
       吉野ヶ里町社会福祉協議会理事
       体育協会理事
履歴事項   平成17年7月 佐賀県防衛協会事務局長に就任
表  彰   平成 5年 佐賀地連部長感謝状
       平成 6年 九州補給処長感謝状
       平成12年 佐賀県防衛協会会長表彰
       平成14年 九州補給処長感謝状
       平成19年 第4師団長感謝状

組織構成

 区 分  組織名   備  考
 役員等  役員  会長、副会長、理事、監事、事務局長、会計
 顧問等  特別顧問 顧問
  会 員  会員  市町村単位防衛協会
賛助会員    特別賛助会員  企業・団体
 法人賛助会員  企業等
 一般賛助会員  個人
    支部協会等     単位防衛協会  地区市町村防衛協会
 会長  牟田 淑子
 副会長  松田 国香 大石 依子 西村 陽子
 理事  塚原 俊子 深川 憲子
 事務局長  江口 順子
 会長  福岡 資麿      顧問 服巻 和孝
 東部地区防衛協会 会長 山崎 清二  
副会長 指山 清範  
事務局長 大隈 正道
 唐津地区青年部  会長 森田   淳
 事務局  事務局長  大隈 正道
 自衛隊連絡窓口  自衛隊佐賀地方協力本部総務課

 主要な内容は、次の通りです。細部は

支部協会

 地区名 市町村名  会 長( 職 名 )
 市単位 佐賀市防衛協会    西 村 正 俊   前佐賀市長 
唐津市防衛協会    辻   駿 吉   樺メ薬店会長
鳥栖市防衛協会    森 山   林   市議会議長
多久市防衛協会    飯 盛 康 登   市観光協会会長
伊万里市防衛協会   上 瀧 長 久   伊万里信用金庫会長
武雄市防衛協会    大 坪 勇 郎   市観光協会会長
鹿島市防衛協会    桑 原 允 彦   市長
小城市防衛協会    江里口 秀 次   市長
神崎市防衛協会    松 本 茂 幸   市長
嬉野市防衛協会    山 田   豊     
佐賀市防衛協会    西 村 正 俊   前佐賀市長 
 神埼郡 吉野ヶ里町防衛協会 江 頭 政 則   町長
 三養基郡 みやき町防衛協会   末 安 伸 之   町長
上蜂町防衛協会    大 川 紀 男   町長
基山町防衛協会    小 森 純 一   町長
 東松浦郡 玄海町防衛協会    岸 本 英 雄   町長
 西松浦郡 有田町防衛協会    山 口 隆 敏   商工会議所会頭 
 杵島郡 大町町防衛協会    武 村 弘 正   町長
白石町防衛協会    片 淵 弘 晃   町長
 藤津郡  大良町防衛協会    坂 口 久 信   町議会議長

主要事業(平成20年度定期総会資料から)

●平成20年度定期総会
1 日 時: 6月25日(水)1500〜1930
2 場 所: 佐賀神社記念館
3 参加者
(1)県防衛協会役員、
(2)各市町村防衛協会会長、
(3)防衛協会青年部会員、
(4)防衛協会女性部会員、
(5)賛助会員
4 来賓(案内状送付者)
(1)国会議員、県議会議員、防衛協会特別顧問・顧問、
(2)佐賀県隊友会会長、父兄会佐賀県支部連合会会長
(3)部隊関係   
ア 西部方面総監、佐世保地方総監、西部航空方面隊司令官   
イ 第4師団長、幹部候補生学校長   
ウ 九州補給処長、第4特科連隊長、佐賀地方協力本部長、第43警戒群司令
5 行事次第
(1)定期総会(式典、表彰等)
(2)講演(海上自衛隊 佐世保地方総監 加藤 保 海将)
(3)懇親会                             
第1部 平成20年度定期総会(式次第)    
1 開会の辞、 
2 国歌斉唱  
3 物故者に黙祷  
4 防衛協会会長挨拶  
5 感謝状贈呈及び表彰    
6 来賓祝辞  
7 来賓紹介  
8 祝電披露  
9 閉会の辞                                     
第2部 講演会                   
講 師  海上自衛隊 佐世保地方総監 加藤 保 海将
第3部 懇親会    
1 開会の辞  
2 会長挨拶  
3 来賓祝辞  
4 乾 杯  
5 懇 親  
6 万歳三唱  
7 閉 会                           
●平成19年度事業・行事報告                                      【全般成果概要】
 平成19年度は、不透明で変動著しい国内外情勢の中にあって、自衛隊の国際貢献活動の重要性及び国内外情勢について世論を啓発し、防衛に関し県民の理解と支持に努めるともに、佐賀県防衛協会としては、上記事項を中心とし、「防衛思想の普及」と「自衛隊に対する支援・激励」を強く認識し、下記の事項を重点に会務を推進した。
1 自衛隊佐賀地方協力本部創立51周年記念行事を積極的に支援した。
2 自衛隊を積極的に激励支援し、その士気高揚を図るとともに、あらゆる機会を通じ自衛隊と県民の一体感の醸成を図った。
3 当会の若返り、活性化を進める一方において、特に、市町村合併に連動した体制の整備を図りながら諸活動の更なる強化を図った。
4 防衛講話及び自衛隊の公開諸事業に積極的に参加し、自衛隊等の研修に努めた。
5 各市町村協会から参加を得て青年部、女性部ととも に各種研修会を実施した。
6 自衛隊諸行事を積極的に支援する外、自衛隊員の募集、特に退職者の就職援護に協力するとともに、自衛隊協力諸団体との連携強化に努める。
●平成20年度事業計画
1 活動方針   
本会の目的達成のため、平成19年度に引続き不透明で変動著しい国内外情勢の中にあって、「防衛思想の普及」と「自衛隊に対する支援・激励」を強く認識し、会務を推進する。
2 事業別
(1)自衛隊を積極的に激励支援し、その士気高揚を図るとともに、あらゆる機会を通じ自衛隊に対する県民の理解と支持・協力の獲得に努める。
(2)当会の若返り、活性化を進める一方において、特に、市町村合併に連動した体制の整備を図りながら諸活動の更なる強化に努める。
(3)防衛講話及び自衛隊の公開諸事業に積極的に参加し、自衛隊等の研修に努める。
(4)各市町村協会から参加を得て青年部、女性部とともに各種研修会を実施する。
(5)自衛隊諸行事を積極的に支援する外、自衛隊員の募集、特に退職者の就職援護に協力するとともに、自衛隊協力諸団体との連携強化に努める。                             
●平成20年度主要行事予定
20.5.21  県防衛協会理事会(佐賀地方協力本部)
5.21  県防衛協会女性部理事会(佐賀地方協力本部)
5.21  中村司令、原本部長着任歓迎会(佐嘉神社記念館)
6.25  県防衛協会定期総会(佐嘉神社記念館)
6.18  全国防衛協会定期総会(東京都)
7.7〜8  県防衛協会女性部総会・研修会(幹候校:前河原)
10.3  九州沖縄地区防衛協会青年部研修会(熊本県)
10.9  九州沖縄地区防衛協会連絡協議会(福岡県)
10.9  九州沖縄地区防衛協会女性部研修会(福岡県)
11.21〜22  全国防衛協会女性部研修会 (東京都)
12.   佐賀地本創立52周年行事
21.1.   県防衛協会女性部理事会
21.2   女性自衛官との交流(目達原駐屯地)
21.3月上旬  県防衛協会常任理事会 (佐賀地方協力本部)
3.16  全国防衛協会理事会(東京都)

女性部会 平成26年度後期女性部会研修会(27.3.6)

       防衛講話「空自女性自衛官の活動状況について」

 佐賀県防衛協会女性部会は、平成27年3月9日(月)佐嘉神社記念館において、佐賀県出身の航空幕僚監部人事教育部 吉田ゆかり2等空佐を講師として迎え、「平成26年度後期女性部会研修会」を実施した。

 航空自衛隊における女性自衛官の活躍状況について、女性自衛官の日常の勤務、災害派遣等での活躍状況及び防衛省・自衛隊が取組んでいる女性のための諸施策等の説明を含めた講話を頂いた。

 会員は、大変厳しい状況・環境の中でも男性隊員と一緒に活躍している女性自衛官や結婚・出産等に対する防衛省・自衛衛隊の取組み等を確認し、自衛隊に対する理解を深化させることができる等大変有意義な研修となった。

 参加者115名 来賓:佐賀県防衛協会会長代理副会長、自衛隊佐賀地方協力本部長

  
         西村会長挨拶                  来賓(佐賀地本長)挨拶

  
 講師:空幕人事教育部吉田2佐(佐賀県嬉野市出身)          参加者115名

  
                                 講話終了後の質疑応答

  
                      第2部【昼食会】

女性部会 主要活動(平成21年度全国女性研修会資料)

【平成20年10月〜平成21年10月1日現在】
○九州・沖縄地区防衛協会女性部研修会(福岡大会)参加:90名(20.10.9)
○全国防衛協会女性部研修会参加:2名 ○自衛隊佐賀地方協力本部創立52周年記念行事参加:8名
○理事会:23名(21.2.3) ○女性自衛官との交流会及び防衛講話(中村目達原駐屯地司令):122名(21.3.10
○理事会(21.5.14) ○全国防衛協会定期総会(東京)参加:1名
○総会及び高遊原分屯基地部隊研修(熊本):60名 ○小郡駐屯地部隊研修女性自衛官との懇談会(小郡市):60名(21.7.8) ○九州・沖縄地区防衛協会青年部連絡協議会(佐賀大会)参加:20名(21.9.11)
○九州・沖縄地区防衛協会女性部研修会(佐賀大会)参加:74名(21.10.6)
○その他  
* 近隣部隊の記念式典、観桜会、音楽祭り等への積極的参加  
* 陸自幹部候補生学校学生の総合訓練(徒歩行進)時、激励活動を実施
【今後の活動予定】
○西部方面隊殉職隊員追悼行事
○全国防衛協会女性部研修会
○理事会
○女性自衛官との交流会

第27回九・沖地区防衛協会青年部連絡協議会(佐賀大会)(平成21年9月11日)

         見えないリスクに備えて
                
                    挨拶する福岡資麿会長
 九州・沖縄地区防衛協会青年部連絡協議会(野々口弘基会長)主催による第27回「佐賀大会」(主管:)が、平成21年9月11日(金)佐賀市のマリトピア(記念講演・式典・懇親会)において開催されました。
 古川康佐賀県知事、保利耕輔衆議院議員(自民党政調会長)、用田西方総監を始め多数の幹部自衛官列席のもと、賑々しくも佐賀主管(福岡資麿 佐賀県防衛協会青年部会長)ならではの大会を行う事ができました。この日は青年部会員、自衛隊、防衛関係協力団体から約230名にご出席頂きました。開催にあたり関係者には多大の心労をお掛けしましたが、大会は成功裏に終了しました。
 また都丸全国青年部会会長をはじめ、京都・大阪・山口県の各青年部会長のご参加も戴きました。 地区内各県の青年部会長・役員の皆様にもご参加を頂いての意義ある大会だったと心から感謝申し上げます。
 今次大会は「いつ起こるか分からない危機 −見えないリスクに備えて−」大会テーマとして開催日を9・11アメリカ同時多発テロの日に設定させて頂きました。記念講演では外交・安全保障、危機管理が専門の森本敏拓殖大学大学院教授で初代・防衛大臣補佐官をお招きし「日本の防衛と危機管理」と題して直近に行われた総選挙の結果を交えてお話いただきました。
 野々口会長及び佐賀県防衛協会青年部各位、並びに参加頂きました皆様方へお礼申し上げ、報告に代えさせて頂きます。(報告・福岡資麿 佐賀県防衛協会青年部会長)

女性部会 陸自幹候校研修(会報104号20.10.1)

                陸自幹候校研修に寄せて
 佐賀県防衛協会女性部(新原玲子会長)は、平成20年度事業で、陸上自衛隊幹部候補生学校(番匠幸一郎学校長)を研修した。約80名参加。 会長から以下のような所見が寄せられた。                                         講堂にて
 7月7日、七夕の日、 また主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)が開幕した日、私ども女性部は陸自幹部候補生学校を研修させて頂きました。初めての学校訪問ということで、会員は些か緊張しておりましたが、職員の皆様の親切な対応と、学校長のにこやかな笑顔と素晴らしいお話しに大変感動致しました。
 御講話の内容は、「学校の概要」及び「国際貢献の現実」についてでしたが、学校長がイラク人道復興支援の第1次群長として行かれた際の具体的な体験を色々とお聞きして、日本の自衛隊が国際的に如何に高く評価されているかを改めて知ることが出来ました。自衛隊の訓練レベルの高さや責任感の強さに相俟って、日本人がいかに真面目で規律正しく礼節を重んじる心を持っているか・・・私自身も日本人として誇らしく思ったことでした。
 今、日本人の魂がどんどん失われているような気がしてなりませんが、長い歴史の中で脈々と培ってきた素晴らしい精神文明の武士道が、この学校の中で生きていたことを知り大変深い感銘を覚えました。
 「人のために役に立つ」という武士道の鑑のような学校長のもと、本物で一流を目指す学生達はどんなに幸運であるか。厳しく、かつ人間愛に溢れたご指導は、日本の将来を担う自衛官として、また世界に通用する社会人として立派に成長し、その教えは生涯、心の糧として、また、素晴らしい財産として残っていくことでしょう。
 その上、同校の『剛健五訓』の教え、「強靭にして挫ける勿れ」「誠実にして怠る勿れ」「謙虚にして傲る勿れ」「闊達にして偏る勿れ」「勇敢にして臆する勿れ」もまた、人格形成の上で、これほど役に立つ教えはないと思ったことでした。自分に厳しく人に優しく、そして、他人の痛みを感じるようになれば、日本の平和、ひいては世界の平和にやがて繋がっていくと確信いたしました。 幹部候補生学校を知ることで、色々と学ぶことの多かった、本当に有意義な研修でした。
 防衛協会の一員として、自衛隊を知らない多くの方々に、理解を深め協力をして頂けるよう努力をしていかなければと、その役目を再認識した次第です。(謝辞等後略)  平成20年7月25日

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:28.11.2

補正値:+4815