本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(徳島)徳島県防衛協会の紹介 女性部会関連

  

  
                阿波踊り さきもり連 (写真紹介:徳島県防衛協会)

目的及び事業

●目的
 本会は国土防衛に寄与するため、防衛思想の普及及び自衛隊の健全な育成発展に協力することを目的とする。
●事業
1 防衛に関する認識を高揚する事業(講演、映画会、音楽会、部隊見学、機関紙パンフレットの配布等)  
2 自衛隊及びその協力団体の行動等に対する協力   
3 その他本会の目的達成に必要な事業

主要役員(平成29年6月現在:順不同・敬称略)

 役職名  氏   名( 職  名 )
 会 長 近 藤 宏 章 (徳島商工会議所 名誉会頭・総合ビル・メンテム椛纒\取締役)
筆頭副会長 平 石 元 治 (日産常盤株式会社 代表取締役)
 副会長
梯     学 (ホテルサンシャイン徳島アネックス総支配人)
中 筋 章 聡 (中筋建工株式会社 代表取締役)
中 村 太 一 (徳島商工会議所 会頭)
黒 田 浩 司
青 山 恭 久 (アースコンシャス株式会社 代表取締役)
副会長
兼事務局長
田 岡 批呂  (有限会社コニサークラブ 代表取締役)
監 事 明 石   学 (阿波銀行 営業推進部 地方創生推進責任者 経営役)
原 浩 一 郎 (四国銀行 徳島営業本部 取締役徳島営業本部長)
市 村 義 正 (丸善商事株式会社 常務取締役)
常任理事 武 市   修
金 山 敬 典
川 田   修
樫 本   孝 (吉野川商工会議所 会頭)
梅 田 真 司 (四国電力株式会社常務執行役員徳島支店長)
三 木 康 弘 (阿波製紙株式会社 代表取締役)
山 本 隆 司
神 原 常 経 (神原歯科)
新 野 哲 朗 (新野木材株式会社 代表取締役)
坂 崎 梶 夫
理 事 石 井   一 (徳島商工会議所 専務理事)
美 馬 秀 夫 (美馬商事株式会社 代表取締役社長)
生 田 一 郎 (有限会社カネイチ青果)
会員増強運動担当 三木 康弘(三木資源株式会社 代表取締役社長)
顧 問 北 島 重 利
杉 原   勲
広 瀬 憲 発 (松茂支部長)
安 平 剛 之 (小松島支部長)
平 尾 勲 雄 (阿南支部長)
中 元 敏 昭 (鳴門支部長)
相談役 桑 原 信 義(徳島銀行 相談役)

組織概要

区  分 組 織 名 備  考
役員等  役員  会長、副会長、常任理事、理事、幹事
顧問等 顧問、相談役
会 員 法人会員
団体会員
個人会員  
支部協会等 地区支部 支部協会等の通り
青年部 会長 中筋 章聡
援護部会 会長 平石 元治
女性部会 会長 田岡 批呂子
事務局 事務局長 田岡 批呂子
自衛隊連携窓口 自衛隊徳島地方協力本部

支部協会

区 分 名 称 支部長 職  名 備 考
地区支部  松茂支部 広 瀬 憲 発 松茂町長 海自徳島航空基地が所在
小松島支部 安 平 剛 之 小松島商工会議所会頭 海自小松島航空基地が所在
阿南支部 平 尾 勲 雄 阿南商工会議所会頭 陸自徳島駐屯地が所在予定
鳴門支部 中 岸 敏 昭 鳴門商工会議所 会頭

主要事業(平成28・29年度の例)

●平成28年度事業報告
 5月18日 役員会
 6月1日〜2日 中国・四国地区自衛隊協力団体長会議共催
 6月15日 全国防衛協会連合会定期総会参加(筆頭副会長)
 6月18日 第53回定期総会
 7月27日 小松島支部定期総会
 8月 1日 熊本震災義捐金
 8月 2日 阿南支部定期総会
 8月12日 阿波おどり開幕式「ブルーインパルス展示飛行」
 8月13日 阿波おどり「さきもり連」支援 女性部会「防衛協会PR用団扇」配布
 8月31日 松茂支部定期総会
 11月18日〜19日 全国防衛協会連合会「神奈川大会」参加(青年部等)
 1月15日 自衛隊協力団体新年互礼会共催
 3月 4日 北徳島分屯地創立7周年記念行事
 3月 4日 自衛隊入隊入校激励会共催
 3月14日 松茂支部部隊研修(陸上自衛隊日本原駐屯地)
 年4回 全国防衛協会連合会の機関誌発送
 通 年 学生修業式(徳島教育航空群)

●平成29年度事業計画
 国防の重要性の認識と理解を深めるため、組織の拡充と活性化を図り、防衛思想の普及徹底と自 衛隊のよき理解者として、次の事業を積極的に推進する。
1 防衛思想の普及
 県下におけるあらゆる会合等を利用して、防衛パンフレットの配布、広報映画、防衛講演等を行 い、幅広く防衛思想の普及を図るとともに、会員増強に努める。
2 自衛隊諸行事の協力支援
 自衛隊の諸行事に対して、積極的に協力支援する。
3 部隊研修及び慰問激励
(1)部隊研修を計画する。
(2)実習、災害派遣、部外工事等に伴い、来徳する隊員を慰問激励する。
(3)陸、海、空の各部隊を見学するとともに、隊員を慰問激励する。
4 自衛隊退職者の就職援護
 定年及び任期満了退職者に対し、有利な再就職ができるよう自衛隊援護担当者とより一層、密接 な連携を保ちつつ情報交換を行い、就職援護に積極的に協力する。
5 殉職隊員の遺族援護
 自衛隊殉職者の慰霊祭等に参加するとともに、遺族を激励する。
6 第47中国・四国地区自衛隊協力団体長会議
 平成29年度 広島県主催 第47回中国・四国地区自衛隊協力団体長会議に参加
7 全国防衛協会連合会会議に参加
8 「着ぐるみ」の活用 防衛協会PR用「着ぐるみ」を活用し、自衛隊の各種行事や地域のイベント・催し等の場にお いて積極的に広報を実施する。
9 その他
(1)休眠会員の掘り起こし、新規会員の獲得を実施する。
(2)各支部及び各部会(青年部及び新規女性部会)の活動を支援する。
(3)「さきもり連」の運営に協力する。

●会報「中国・四国特集」(各県からの便り)(会報127号26.7.1)

                    徳島県防衛協会
 徳島県防衛協会(近藤宏章会長)は5月8日、徳島県の来県にあわせ行われた【陸上幕僚長岩田清文陸将の特別講演会】を、徳島県隊友会及び徳島県自衛隊父兄会と共催した。
 岩田清文陸将は徳島県出身者として初の陸上幕僚長であることから、講演会を共催した協力団体の会員をはじめ、講演開催を知った陸幕長の出身校である県立城北高校の学校長、同級生など、多数の方々で会場の「グランドパレス徳島」はほぼ満員となった。

 講演内容は、 【我が国周辺の情勢と陸上防衛等について】であり、日本をとりまく周辺諸国における安全保障環境の変化、日本の防衛に関する自衛隊の在り方、防衛省・自衛隊の取組み、南海トラフ巨大地震への対応等、ともすれば難しくなりがちな話を、様々な図表と軽妙な語り口により、大変分かり易く話すとともに、四国に新設された陸上自衛隊の駐屯地、自衛官の募集、予備自衛官制度についてなども紹介され、現在の日本をとりまく安全保障の実情への想いを深く、そして熱く語って頂いた。

 講演中、参加者全員が熱心に耳を傾け、中にはメモを取られている姿など、参加者の関心の深さが感じられた。 講演会終了後は、陸上幕僚長の高校時代の恩師、同級生の方々への質問の時間が設けられ、防衛大学校の受験動機や学生時代のエピソード、高校時代の同級生である奥様との馴れ初めの話などを伺い、会場は笑いに満ちた和やかな雰囲気に包まれた。
 講演会に参加者された方からは、「徳島県出身者として初めての陸上自衛隊トップの方から直接話を聴く機会が得られ、大変有意義な時間を過ごせました。」との声が聞かれた。

          
                    講演中の岩田陸幕長

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:29.7.18

補正値:+2973