本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(静岡)静岡県防衛協会の紹介 女性部会関連

 
イベント紹介:富士学校創設記念行事(27.7.3)
               
             静岡県防衛協会事務所(写真紹介:静岡県防衛協会)  
  写真説明:静岡県防衛協会事務所は、静岡県護国神社境内にある旧34連隊将校集会所を使用しています。

目的及び事業

●目的
 本会は、自衛隊が、我が国の平和と独立を守り、また、国際社会から求められる責任と役割を果たすことによって、我が国が世界からより尊敬される国となることを願い、防衛政策の効率的かつ円滑な推進に寄与するための事業を行い、県民が防衛に対する理解を深め、もって防衛基盤の育成強化に寄与することを目的とする。
●事業
1 防衛に関する意識を昂揚する事業  
(1) 講演会、研究会、座談会等の開催  
(2) 機関紙、パンフレット等の発刊  
(3) 映画会、音楽会、展覧会等の開催  
(4) 駐屯地、基地等の見学  
2 青少年の行事に協力する事業   
3 自衛隊に協力する事業  
(1) 自衛隊員の激励及び慰問  
(2) 自衛隊員の募集・援護及び退職隊員の就職援護  
(3) 殉職隊員の弔問及び遺族への援護  
4 県内にある各自衛隊協力団体の育成及び協力  
5 会員の増強  
6 その他本会の目的達成に必要な事業

主要役員(平成26年5月現在)

 役職名  氏  名( 職  名 )
 名誉会長  川勝 平太(静岡県知事)
 相談役 松井  純 (㈱静岡新聞社・静岡放送㈱元会長)
松浦 康男 (㈱静岡銀行)     
夏目 善宇 (静岡県農業中央会会長)
石井 良雄 (東海自動車㈱)
島村 昭利 (静岡県経営管理部自治局長)
後藤 康雄 (一般社団法人 静岡県商工会議所連合会)
村松 忠治 (元県議会議員・前中・西部支部長)
佐伯 郁夫 (前副会長兼兼東部支部長)
 会 長 鈴木 与平 (鈴与㈱代表取締役)
会長代行  新田 伸治 (前総務担当副会長) 
 副会長 若月 良介 (静岡県防衛協会 総務担当兼十日会代表)
瀬口君仕郎 (瀬口冷熱工業㈱ 中・西部支部 支部長) 
高田  知 (㈱タカダ産業 東部支部 支部長)
 常任理事 牧田 佶久(静岡市剣道連盟顧問)
井草 忠夫(日本の歴史に学ぶ会 幹事)
田村 政信(㈱岡根谷・税理士)
長島 晃一 (㈱長島文宝堂)
杉山 雅彦 (イハラ観光㈱ 青年部会 会長)
 理 事 青野 要一(協和消防機商会 代表)
岡崎 一二(三四会 会長)
森  襄 (静岡県郷友会 会長)
渡邉 壽夫(静岡市自衛隊協力会 会長)
石上 博道(静岡県自衛隊友の会 会長)   
高山 英夫(コンサルタント高山設備事務所代表)
薩川  諭(㈱薩川組 代表)
伊藤 才二((有)未来行動 代表取締役)
関野 茂樹((有)セキノ 代表取締役)
小倉 茂樹(東部支部 三島地区理事)
坪口 榮二(㈱つぼぐちフードサービス代表取締役)
根上 武久((有)中村石油)
大場 泰史(東部支部 理事)
川口 慶治(東部支部 熱海・伊東地区長)
三枝 隆行(伊豆市自衛隊父兄会 顧問)   
長谷川豪男(㈱井越 代表取締役社長
市川  照(第一建設㈱ 取締役社長)
 監 事 高柳 好美(アクアリュウム ジムノ代表 青年部会前会長)
大石 信芳((有)静岡経営管理事務所代表取締役)
事務局 事務局長 松山  豊

主要事業(平成25年度・26年度の例)

●平成25年度事業報告
1 自衛隊行事参加協賛
4月  浜松基地観桜会(4日)、横須賀基地観桜会(6日)、駒門駐屯地53周年記念日(7日)
   滝ケ原駐屯地39周年記念行事(14日)、板妻駐屯地51周年記念行事(21日)
5月  静浜基地航空祭(26日)
6月  特務艇はしだて体験乗艦(12日)
7月  富士学校・富士駐屯地開設59周年記念行事(7日)、静岡地本第1級賞状受賞記念祝賀会(17)
   浜松基地納涼の夕べ(23日)、滝ケ原駐屯地納涼祭(25日)、駒門駐屯地納涼祭(26日)
8月  板妻駐屯地納涼祭(7日)、富士総合火力演習(22日) 、板妻駐屯地橘祭(31日)
10月 静岡県地方追悼式(5日:板妻駐屯地)、観閲式(17日)
11月 東京音楽祭(16日)
12月 地本もちつき大会(21日)
1月  浜松基地新春交歓(7日) 、静浜基地新年祝賀会(16日)

2 防衛協力諸団体行事参加協賛
4月 清水一魂会観桜会(6日)、静岡県防衛協会青年部会総会(19日)、静浜基地後援会総会(25日)
5月 静岡県防衛協会中・西部支部総会(13日)、静岡県防衛協会本部総会(13日)静岡県自衛隊友の会総会(19日)
6月  静岡県防衛協会女性部会総会(1日)、全国防衛協会連合会総会(10日:東京)、柚木会総会(15日:静岡)   伊豆地区会総会(21日)、静岡市自衛隊協力会総会(23日)
7月  1都7県東部防衛協会連合会総会(18日)
10月 静岡県護国神社大祭(22~23日)
2月 護国神社節分追儸祭(3日)、建国記念日奉祝静岡市式典(11日)
3月 全国防衛協会理事会・評議員会(12日:東京)

3 静岡県防衛協力連絡協議会(通称十日会)
9月 暑気払い・山下新本部長歓迎会(12日)
11月 静岡県偕行会鈴木震也会長講演(26日)
12月 忘年会若月代表講演会(16日)

4 自衛隊殉職者遺族訪問・追悼・総会等協賛
(1)県下在住殉職者遺族弔問等:36名(6月18日~7月24日)  
(2)平成25年度静岡地方追悼式(協賛)(10月5日:板妻)  
(3)静岡県自衛隊遺族会総会並びに親睦会助成・協賛(10月5~6日)

5 自衛官募集並びに広報活動   
 ①県民への募集事務所によるアンケート調査協賛
 ②自衛隊カレンダー配布   
 ③未加入市町村への入会要請  
 ④自衛隊広報関係(記念祭・体験航海・搭乗・展示会・演習・広告及び入場券配布等)

6 静岡県防衛協会中・西支部 会員・青年部 合同
 ・陸自12旅団(群馬県)基地研修・群馬県防衛協会との懇親会(6月27~28日)
 ・富士学校研修(洗車体験搭乗)(11月13日)

7 指揮官会議(6月24日)

8 総合火力演習研修(中・西支部・静岡県自衛隊友の会協力)(8月22日)

9 静岡県防衛協会女性部講演会(講師:佐藤正久参議院議員)(10月12日)

10 第32回静岡音楽祭開催(1月25日)

11 静岡県防衛協力諸団体合同新年会主催(1月11日:静岡)  

12 静岡観桜会主催(3月29日:静岡)  

13 高在生自衛隊入隊予定者激励会(各市町にて開催)

●平成26年度事業計画
 平成25年度事業にほぼ同じ。
  行事予定等は、静岡新聞記事として、「自衛隊ニュース」蘭に掲載される(毎週土曜日静岡地本情報)を参照。

富士学校・富士駐屯地開設61周年記念行事紹介(27.7.3)


 平成27年7月3日及び5日、静岡県駿東郡小山町の陸上自衛隊富士学校で「富士学校・富士駐屯地開設61周年記念行事」を取材した。  

 3日の予行は、土砂降りで、泥だらけの中、整斉と予行が行われ、さすが富士学校だなという印象を得た。  5日も、曇り時々雨という天候であったが、「創造~原点を見つめて、新たな明日へ」というテーマで記念行事が行われた。メイン会場(総合訓練場)では、記念式典・観閲行進、富士学校音楽隊演奏、訓練展示が行われた。記念式典では、執行者である富士学校校長(兼富士駐屯地司令)武内誠一陸将の巡閲、力強い式辞の後、来賓の祝辞等が行われた。  

 ヘリコプター、戦車、火砲等による訓練展示は、部隊の精強さがよく現れており、来場者は感嘆の声を上げていた。
 イベントは、装備品展示、90式戦車体験試乗、装輪装甲車体験試乗、ふれあい広場(ヘリポート)での隊員の売店、ふれあいホール(講堂)での富士学校音楽隊によるファミリーコンサート、人命救助システム器材等の防災展示、美術展(厚生センター)、駐屯地資料館見学など、記念行事を契機に来場者との絆を更に深められるように企画され、曇り時々雨という天候にもかかわらず多くの来場者で賑わっていた。 

 
     土砂降りの中での行進(予行1)           土砂降りの中での行進(予行2)

  
                 訓練展示の風景

             
                   武内誠一富士学校長の式辞

 
          観閲行進                      観閲行進

 
         訓練展示                        訓練展示 

 
          訓練展示                       訓練展示

 
           訓練展示                      訓練展示  

     

●防衛協会会報131号(27.7.1)東部特集

                    静岡県防衛協会
           第34回静岡音楽祭(原点回帰~スタート!2015)を共催
  

  静岡県防衛協会(鈴木与平会長)は1月24日、静岡地本(本部長佐藤一郎1等空佐)の協力を得て静岡グランシップにおいて「第34回静岡音楽祭」を開催しました。  
 この音楽祭は当協会が自衛隊と県民の皆様とをつなぐ架け橋になる事を願い、今回で34回を数え、県民の間にも定着した行事となり開催日当日は、午後2時からの公演にもかかわらず、午前10時過ぎには、開演を待つ人の列が出来る程でした。  
 今回は、航空自衛隊・中部航空音楽隊(浜松)、陸上自衛隊・第一音楽隊(練馬)、陸上自衛隊・富士学校音楽隊(富士)、第34普通科連隊らっぱ隊(板妻)、滝ヶ原雲海太鼓(滝ヶ原)に出演していただき、行進曲をはじめ、ポップスや歌謡曲など幅広い年齢層が楽しめる曲目で約4000人の聴衆を魅了しました。  
 また、演奏の合間に、この春の静岡県内入隊予定者が紹介され、観衆から盛大な激励と拍手が送られ、盛会のうちに音楽祭を終了しました。

    

駒門駐屯地創設記念行事紹介(27.4.5)

        陸上自衛隊駒門駐屯地 創立55周年記念行事

 平成27年4月5日(日)、静岡県御殿場市の陸上自衛隊駒門駐屯地(駐屯地司令:古庄信二1等陸佐)の創立55周年行事が行われた。 当日は、記念式典(観閲式)、音楽演奏、訓練展示、装備品展示、戦車体験試乗等が行われた。 雨天のため、昨年より少なめの約3510人の来場であったものの、来場者は自衛隊への理解と信頼を深めていた。

                      観閲行進
  
    観閲行進10式戦車         観閲行進74式戦車         観閲行進90式戦車

  
       観閲行進車両部隊                   観閲行進徒歩部隊

                      訓練展示
  
       訓練展示(10式戦車)                訓練展示(走行車両)

  


  


  
    傘をさし熱心に見学する来場者                 戦車体験試乗

●浜松基地航空祭研修(26.9.28)

            エア・フェスタ浜松2014研修

 静岡県防衛協会(鈴木与平会長)は、平成26年9月28日(日)に浜松基地で開催されたエアフェスタ浜松2014(航空自衛隊創立60周年・浜松基地創立60周年記念行事)の研修を行った。晴天に恵まれ、各種飛行展示及びブルーインパルスの展示飛行を楽しんだ。なお、鈴木会長は、前日に行われた前夜祭及び当日の祝賀会の両日に参加した。

  
片岡前空幕長・鈴木会長・平田前飛行教育集団司令官      祝賀会の中〆乾杯の音頭をとる鈴木会長

  


  
                      空自永田OB提供

  
                      空自永田OB提供

             牧田前事務局長            新田会長代行・鈴木会長・髙田副会長

浜松基地芙蓉会(会報123号25.7.1)

           定期総会

 新緑が目に鮮やかな4月25日、航空自衛隊浜松基地を中心に活動している「芙蓉会」(鈴木加代子会長)は、平成25年度の総会を浜松基地内厚生センターを拝借して実施した。
 総会には芙蓉会幹部をはじめ、十周年後の全国女性部会の方針である「各地域との連携強化」の一環として、本部から谷口事務局長も出席した。
 総会終了後、荒木正嗣空将補(第1航空団司令兼浜松基地司令)による「弾道ミサイル防衛」というタイトルで、米国において行われたペトリオットミサイルのライセンス国産弾の実射試験映像や、過去の北朝鮮のミサイル発射例など、航空自衛隊の技術面での努力や、日本が直面している厳しい防衛環境などについて、非常に丁寧に細かく講演して頂いた。
 現在もなお北朝鮮による挑発的なミサイル発射問題が続いている中で、非常にタイムリーで参考になる素晴らしい講演であった。
 講演会後の昼食は基地内食堂で、荒木司令をはじめとした幹部の方々と隊員の皆様と同じ昼食メニューで喫食させて頂き、浜松基地らしい個性のあるおしゃれな箸袋、お品書きなど、「おもてなしの心」が伝わる美味しい食事を会員全員で満喫した。
 ちなみに、荒木司令は航空自衛隊広報室を舞台とした「空飛ぶ広報室」という放映中のテレビドラマの中の、柴田恭平演じる「鷺坂広報室長」のモデルだそうで、第6回目では浜松基地のシーンが放映された。
 日頃応援している自衛隊がドラマに登場し、その登場人物の中のモデルであるご本人にご講演も頂いて、非常に充実した新事業年度のスタートを切る総会であった。

           

女性部会 女性部設立総会(平成23年9月11日)

静岡県防衛協会女性部設立総会
 残暑厳しい9月11日、静岡県防衛協会女性部設立総会が、JR静岡駅近くのホテルにおいて午前10時から、会員約80名及び静岡県防衛協会からの来賓等の出席を得て開催された。  
 国旗拝礼・国家斉唱後、世話人代表 前衆議院議員 上川陽子氏の「約半年の真剣な準備を経て今日を迎えることができた。子供を産み、育てる女性の立場から自衛隊を支援することが大切な時代に入っている。皆さんと力を合わせて頑張っていきたい」との挨拶、静岡県防衛協会 新田会長代行、全国防衛協会連合会 渡邊元旦常任理事、静岡地方協力本部長 柏瀬静男1等空佐からのご祝辞に続いて議事に入り、女性部規約、役員の選出、平成22年度事業計画・収支予算を決定した。  
 その後、柏瀬本部長の記念講演、昼食会を実施し、盛会の裡に設立総会を終了した。
      

芙蓉会15周年記念行事を開催(会報115号23.7.1)

設立15周年記念コンサート開
 浜松基地女性協力会芙蓉会(鈴木加代子会長)は、2月6日ホテルコンコルド浜松において15周年記念コンサートを開催した。  
 カール・ヤイトラー指揮、KJウインズ演奏により行われた同コンサートは、さくま国際交流音楽指導講座実行委員会の協力と浜松市の後援を得て開催されたもので、300名余の聴衆は1時間半に及ぶビゼーやシュトラウスの名曲に酔い痴れた。  
 なおカール・ヤイトラー氏は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に所属する他、ウィーン国立音楽大学教授も務める世界的トロンボーン奏者であり、KJウインズは音楽講座合奏団である。  
 コンサート終了後、同ホテルにおいて、航空教育集団司令官小野田治空将、浜松基地司令森田公治空将補他の来賓など130名余の出席を得て盛大な祝賀会が行われた。 
      

芙蓉会主要活動(平成21年度全国女性部会提出資料)

 【平成20年10月~平成21年10月20日現在】
平成20年10月  航空祭、佐藤正久議員後援会『遠州女性の会』設立、航空観閲式(百里)  
浜松市長パーティー出席、碑前祭
11月  イラク復興支援派遣隊員壮行会・出迎え、防衛セミナー
12月  磐田防衛協会忘年会、イラク復興支援派遣隊員出迎え・撤収隊壮行会
平成21年1月  浜松基地新春祝賀会、静岡県防衛協会新年会、基地隊員の成人式出席
2月  最後のイラク復興支援派遣撤収業務要員出迎え員
   (平成15年2月より平成21年2月まで、122名の派遣隊員に伊勢神宮様のお守りを一人一人にお渡しし、
    無事に任務を果たされました。)
3月  定期演奏会
4月  芙蓉会総会・二術科学校長講演、観桜会、
   広報館10周年記念式典、  
   米軍(横田基地)パシフィックトレンズ演奏会主催のお手伝い
5月  司令官・幕僚長を囲む会
6月  基地20周年記念行事、つばさ会総会
7月  浜松基地納涼祭、野外研修交流会、四将官送別会
8月  富士火力演習、将官歓迎会
9月  浜松モザイカルチャー世界博オープンセレモニー、   
   中部航空音楽隊ふれあいコンサート  
   天皇御即位20周年記念式典・講演会
10月 伊勢神宮飛行安全祈願惨敗、海上自衛隊観艦式出席、碑前祭  
   浜松市長を囲む会(10名出席)  
   浜松基地航空祭(米軍機、サンダーバード曲技飛行)、  
   香川県防衛協会の皆さんの浜松基地航空祭・浜松モザイカルチャー世界博・広報館来訪           【今後の活動】
* 防衛に対する勉強会
* 研修旅行(三沢基地)

平成20年度定期総会(会報第103号20.7.1)

 静岡県防衛協会(鈴木与平会長)は、4月18日、静岡市内「つつじ会館」で61名の参加を得て、平成20年度総会を開催した。 

地本協力諸団体と懇談(会報第101号20.1.1)

静岡県防衛協会(鈴木与平会長)は、10月27日、県護国神社の「直会殿」で開催された、静岡地方協力本部(本部長 深瀬尚久1空佐)と防衛協力諸団体との懇談会に参加した。  協会をはじめ、自衛隊協力会、父兄会、隊友会、援護懇話会など、14団体と自衛隊関係者ら約70人が出席した。  新田伸治防衛協会副会長が「県下には自衛隊駐屯地及び基地が7箇所あり、防衛協力諸団体と自衛隊が今後ともなお一層良好な関係を築いていくためには、相互の意思疎通が不可欠」と挨拶。  続いて地本長が「防衛協力諸団体とより強力な信頼関係を構築し、地域の方々の防衛意識の高揚を図っていきたい」と述べた。  その後、地本が「自衛官の募集」「隊員の就職援護」及び「自衛隊の広報」についての現状説明を行なった。質疑応答では、自衛官の募集施策等についての活発な意見が交わされ、会場は熱気に包まれていた。

増える傾向の協会員(会報第97号19.1.19)

 静岡県防衛協会(松井純会長)は、専任の事務員を擁し、3年前に支部設立に動き出し、昨年3月東部、同年12月中部で設立。また、青年部も同年12月に発足。会員も増加傾向。

バナースペース

静岡県防衛協会

〒420-0821
静岡県静岡市葵区柚木250-2
       護國記念館内

TEL&FAX 054-261-6644
E-mail shizu-defense.a@cy.tnc.ne.jp


最終更新:28.11.2

補正値:+6517