本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(石川)石川県防衛協会の紹介 女性部関係 青年部会関連

主要役員(平成27年10月現在)(順不同・敬称略)

 役職名  氏   名( 職  名 )
 会 長  杉本 勇壽 石川県信用保証協会会長
 副会長 和田 衛   小松商工会議所会頭
里谷 光弘  輪島商工会議所会頭
池村 清孝  (一社)石川県郷友会常任顧問
上村彌壽男  自衛隊石川地方協力本部友の会顧問

組織構成

 区 分  組織名  備  考
役員等   会長等  会長、副会長、女性部会長、青年部会長、理事、事務局長、監事
 顧問等  顧問、相談役
 会 員 法人・団体・個人   県内全市町、県内主要企業及び個人
支部協会等  協力団体 (公社)石川県自衛隊父兄会
(一社)石川県郷友会  
(公社)隊友会 石川県隊友会  
 石川県自衛隊除隊者雇用協議会
 駐屯地当協力会 金沢駐屯地協力会  
小松基地友の会  
小松基地金沢友の会  
輪島自衛隊友の会  
石川地本友の会
部会組織   女性部会  部会長 神谷 ますみ
 青年部会  部会長 中田 二郎
 事務局  事務局長  真舘 誉
自衛隊連携窓口   石川県地方協力本部

主要事業

●石川県防衛協会事務局資料から
1 本会主催(共催)
(1)小松基地航空祭   
(2)入隊・入校予定者の激励会   
(3)講演会の開催   
(4)石川県防衛協力諸団体新年互例会
2 自衛隊行事の協力及び広報活動の激励慰問  
(1)各部隊創立記念式典  
(2 隊員募集活動に対する協力  
(3)自衛隊各種行事への協力  
(4)自衛隊各種行事及び演習等の研修  
(5)隊員及び予備自衛官の激励・慰問
  ア  各種活動の激励・慰問(音楽隊演奏、体験搭乗、体験航海)  
  イ 県内所在部隊等の隊員慰問
3 友好諸団体各種行事及び活動等の協賛  
(1)総会(隊友会、父兄会、友の会、雇用協議会、郷友会等)  
(2)各種行事銃剣道大会、慰霊祭、護国神社例大祭等)
4 広報宣伝  
(1)協会機関紙「防衛石川」の発行
5 定期総会ほか  
(1)定期総会  
(2)会員の増勢
     

航空自衛隊小松基地航空祭の紹介(28.9.18)

平成28年9月18日に開催された小松基地航空祭について、全国防衛協会連合会が入手した写真を基に紹介します。


 

 

             

 

 

 

会報特集「中部特集”各県便り”」(会報133号28.1.1)

 石川県防衛協会は、昭和38年11月に設立して以来52年を迎えました。  
 平成27年度は、役員改選で新会長に杉本勇壽氏(石川県信用保証協会会長)が就任し新体制となりました。
 杉本氏は会長就任で「国の安全と主権の保持は国の存立の前提であり、その恒常的な維持なくして国民が平和で安定した生活を送ることはできない。緊張の続く日本周辺の安全保障環境の中で適正な規模の防衛力を整備することは重要である。石川県防衛協会は県民と自衛隊との接点に立ち国防の重要性や自衛隊の意義について正しい理解と知識を普及すべく活動を行っていく」と挨拶しました。
 平成27年1月の内閣府調査によると国民の9割以上が自衛隊に好感を寄せています。しかし、自衛隊や防衛問題に対する関心は7割程度であり、これを高める必要があります。
 協会は県民に対し、生まれ育った郷土への愛が祖国愛に繋がり、民族愛が人類愛に繋がり、健全な愛国心に基づく防衛意識の高揚を訴えつつ自衛隊を今後ともしっかりと支えて参ります。
                                       石川県防衛協会事務局

創立50周年記念式典(会報125号26.1.1)

         石川県防衛協会が創立50周年
            
                       会長式辞
 石川県防衛協会は、昭和38年1月に北陸を襲った三八豪雪に対する自衛隊の災害派遣活動に感謝するとともに防衛思想の普及高揚と自衛隊への協力支援を目的として同年11月に設立されて以来50周年を迎え、去る11月6日に記念式典を挙行し半世紀の節目を祝った。  
 角間俊夫会長が「国防の重要性や自衛隊の意義について、正しい理解と知識を普及すべく活動を続けていく」と式辞を述べた後、谷本正憲県知事の祝辞を中西吉明副知事が代読、永岩俊道全国防衛協会連合会常任理事、山本祐一航空自衛隊第6航空団司令から祝辞を頂いた。
 席上、協会に貢献された上村彌壽男、池村清孝、吉田圀男、今井義一、小泉博、真舘誉の6氏に感謝状を贈呈した。  
 記念式典に先立つ記念講演では、第32代陸上幕僚長の火箱芳文氏が「東日本大震災への対応と我が国の防衛」と題して、大震災における自衛隊の活動状況を紹介しつつ今後の防衛力整備の課題について講演された。

会報特集「花開く女性部会(北から南から)(会報116号23.10.1)

 石川県防衛協会女性部会(神谷ますみ会長)は、8月4日に、金沢市文化ホールで開催された石川地本主催の陸上自衛隊第10音楽隊演奏会に参加した。  
 第10音楽隊は、東日本大震災発生以降、東北の被災地各所において災害派遣隊員に対する激励演奏及び被災された方々に対する慰問演奏で活動している。  
 司会の本会会員の今出祗津子による「自衛隊員に対する感謝の意と被災された方々に、まごころを被災地へ」との開演の辞から始まった演奏会は、陸上自衛隊50周年記念曲「凱旋」から始まり、東日本大震災後すぐ英国の作曲家により作曲された「陽はまた昇る」が演奏され、「世界中の吹奏楽団から、日本の被災された方に対し暖かな支援が得られることを願っています」との作曲者の言葉も紹介された。  
 続いて被災地で演奏した「いきものがかり」の「ありがとう」や「ガンバレ、日本のパパ」と元気のでる曲や合唱曲「ビリーブ」が演奏され、人と人とのつながりの大切さを改めて感じさせられた。 本演奏会は、災害派遣で活躍された自衛隊員への感謝の気持ちと、被災された方々への復興への思いを強く感じることができるものとなった。  
 我が女性部会としても、自衛隊員の皆様には長期派遣で疲労しているとは思うものの任務完遂に向かって頑張って欲しいという気持ちと、その姿を誇りに感じるとともに、被災された方々には、希望と頑張りを持ち続けて欲しいという「まごころ」を送り続けたいと改めて感じた次第です。

金沢駐屯地研修(会報113号23.1.1)

                郷土を守る部隊に感銘
 石川県防衛協会(角間俊夫会長)は、北陸三県の防衛警備・災害派遣等の現状を把握するとともに、会員の自衛隊への理解促進と隊員との意志疎通を図ることを目的に、女性部会(神谷ますみ会長)及び青年部会(中田二郎会長)合同の20名でで11月5日陸上自衛隊金沢駐屯地を研修した。
 女性部会は平成19年発足で3年目を迎えたが、本年8月に発足した青年部会は最初の研修であり、初めての女性部会・青年部会合同による研修となった。
 戦車、ヘリ等を見学した後、第14普通科連隊を基幹とする金沢駐屯地の各部隊の任務、役割等の概況説明を受けた。特に第14普通科連隊は、北陸三県の防衛警備・災害派遣等を任務としており、我が国においても極めて重要な位置づけにあることを認識した。
 また旧軍の将校集会所として使用していた隊舎が百年たった今でも資料館(尚古館)として残されており、貴重な資料を研修して歴史と伝統の深さに感銘を受けた。
 隊員食堂で駐屯地司令とともに喫食した部隊食は栄養バランスと美味しさに感心した。
 北陸三県の守りを任務とする第一線部隊を見学し、金沢駐屯地の部隊は文字通り我々の郷土を守ってくれているのだと大変感銘を受けるとともに、自衛隊への理解と認識を更に深めることができた研修となった。
 今後とも、自衛隊と地域住民の融和を図っていこうと全員心を新たにした。
            

青年部会 青年部会設立(平成22年8月24日)

◎青年部会の概要
 ○名称 石川県防衛協会青年部会
 ○事務局 石川県防衛協会事務局内(〒921-8691石川県金沢市新神田4-3-10新神田合同庁舎内3F)
 ○設立時期 平成22年8月22日(火)
 ○役員名等  
  会  長 中田  二郎  天狗中田産業梶@代表取締役社長
  副 会 長  田井 徳太郎  鞄c井屋 代表取締役社長          
  事務局長 高桑  健一  石川日産自動車販売梶@常務取締役
◎規約の概要
 ○目的:本部会は、石川県防衛協会の青年組織として、その活力と創造力を活かし会員相互間の連携、意思疎通、情報交換をしつつ石川県民の防衛意識の高揚を図り、石川県の充実発展に貢献するとともに、自衛隊に協力してその任務達成に寄与する。
 ○事業:
  @石川県防衛協会の掲げる事業の参加
  A防衛問題に関する研修・調査及び提言
  B自衛隊に対する各種協力支援、激励を行う
  C内外友好団体との連絡交流
  D会員相互の親睦を図る
  Eその他、本部会の目的達成に必要な事業
◎平成22年度事業計画の概要
 ○ 青年部会への加入促進:
   石川県防衛協会定期総会参加(6月9日) 
   青年部会会合(8月24日)
  全国防衛協会連合会青年部会青年研修大会参加(10月9日〜10日)
 ○自衛隊行事等への参加
  小松基地航空際(19月3日)
  金沢駐屯地創立記念行事(10月24日)
  自衛隊入隊・入校予定者激励会(2月中旬)
 ○県内外への部隊研修:金沢駐屯地研修(9月下旬)
 ○魅力ある行事を策定:石川県防衛関係諸団体新年互礼会(1月上旬)

女性部会 主要活動(平成21年度全国女性部会提出資料)

【平成20年10月〜平成21年10月1日現在】
○20年11月21日 全国防衛協会連合会の女性研修会に出席
○21年6月30日 「県内自衛隊女性自衛官と女性部会の交流」で陸・海・空の7名と交流・意見発表  「ワーク・ライフ・バランス」」のテーマで、お茶を飲みながら気楽にコミュニケーションを計り、又「浴衣の着付け教室」を開き、女性としての教養を高めまた。                                 
【今後の活動】
○平成21年17日 女性部会輪島分屯基地研修会を開く予定 隊員との交流・懇親会をして、自衛官の業務の理解を深め、防衛意識の気概を啓蒙できればと思う。
【その他】
○平成21年4月12日 金沢駐屯地女性さくら会(神谷会長)は、来賓として、知事を始め代議士3名・県会議員等多数を迎えて創立10周年記念大会を開催した。(会員83名参加) 記念講演には佐藤正久氏を迎えて「我が国を取り巻く国際情勢」との演題で実施され、盛会裏に終了した。

女性自衛官と初交流(会報第103号20.7.1)

 石川県防衛協会女性部会(神谷ますみ会長)は、3月11日、ANNクラウンプラザホテル金沢で、県内女性自衛官と始めて交流会を行った。
 女性部会は、昨年6月発足したばかりで、会員数は現在22名。
 今回の交流会は、女性自衛官との交流を通じて、防衛に対する意識を高めると共に、人生の先輩としてアドバイスや支援をする目的で企画され、航空自衛隊小松基地及び輪島分屯基地、並びに陸上自衛隊金沢駐屯地の女性自衛官10名に、会員10名が参加した。
 神谷会長の挨拶後、会員及び自衛官がそれぞれ自己紹介。その後は、会員が「一人では子育ては無理、家族や近所の人の協力を得ながら仕事と両立させてください」と子育ての秘訣をアドバイスし、女性自衛官からは「保育所が子供を預かってくれる時間がもう少し長い方が良い」など、子育て環境などについての意見交換をしあった。
 女性自衛官から「同じ県内でも触れ合いのない陸・空自衛官との交流ができ、今日は貴重な機会でした」とお礼が述べられると、女性部会は、ぜひ第2回の交流会も行いたいと自信を深めている。
        

定期総会(平成19年6月6日)

            40周年を機に新活動 定期総会で女性部設立
石川県防衛協会(角間俊夫会長)は、杉本勇寿副知事をはじめ県内有識者を含む県民、小松基地司令・上田益三空将補ほか県内駐屯部隊長ら総勢60余名が参加して6月6日、石川厚生年金会館において定期総会を開催した。  副知事は祝辞で、「貴協会の皆様が、県民と自衛隊との接点に立たれ、国防の重要性や自衛隊についての正しい理解と知識を普及させるために、数々の活動を積極的に展開しておられていることは誠に意義深い」と述べた。  今総会では、設立から40余年を迎える県防衛協会に女性部会設立が承認され、防衛省誕生と共に、新たな年となり、協会の充実と積極的な活動が期待される。

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349

最終更新:29.1.6

補正値:+3935