本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(神奈川)神奈川防衛協会の紹介

組織構成

 区  分  組織名  備  考
役員等    会長等  
 顧問等  
会員   
支部協会等   西湘地区自衛隊協力会連絡協議会  
 地区防衛協会  
事務局長   事務局長  齋 藤 善 孝
 自衛隊連携窓口  自衛隊神奈川地方協力本部企画班

主要役員(平成20年7月現在)

 役 職 名  氏   名 (職  名)
 会長  佐々木 謙二(神奈川県商工会議所連合会会頭)
 副会長 小俣 一夫(一般社団法人神奈川県経営者協会会長)
山田 長満(川崎商工会議所会頭)
小此木歌蔵(神奈川倉庫協会会長)
立川 丈夫(逗子開成学園理事長)
 理事長 塚原 良一(神奈川県商工会議所連合会専務理事)
副会長
兼事務局長 
齋藤 善孝(横浜中央募集案内所募集相談員会長)
 副理事長 織茂 明彦(湘南BMクラブ会長)
 常任理事 工藤 誠一(神奈川県私学団体連合会理事長)
大久保吉修(公益社団法人神奈川県医師会会長)
藤木 幸夫(横浜港運協会会長)
寺澤 辰磨(一般社団法人横浜銀行協会会長)
上野 誠 (一般社団法人横浜貿易協会会長)
筒井 康之(一般社団法人神奈川県トラック協会会長)
藤田 幸男(自衛隊川崎地区懇話会会長)
中村 喜彦(鎌倉防衛協会会長 )
清水 亨 (茅ヶ崎・寒川防衛協会会長)
山田 榮 (藤沢地区自衛官募集相談員会会長)
田中 正明(藤沢商工会議所会頭)
嘉藤 眞人(公益財団法人水交会会員)
 常任理事
兼会計
古賀 健詔(護衛艦はたかぜ後援会会長)
北瀬 達也(有限会社北瀬組代表取締役)
監事  粟飯原 勉(株式会社濱田園代表取締役)
鈴木 道子(葉山町議会議員)
 理事 金子 勇二(藤沢防衛協力会会長)
吉田 茂穂(鶴岡八幡宮宮司)
大河原正生(神奈川県銃剣道連盟副会長)
荒川 堯一(財団法人三笠保存会理事長)  
山口 利通(茅ヶ崎商工会議所会頭)
小山満之助(横須賀防衛協会会長)   
河本 文雄(県相協力会長)      
武   徳弘(山北町自衛隊協力会会長)
市原 尚武(湯河原町自衛隊協力会会長)
夏目 芳夫(小田原防衛協会会長)

主要事業(平成19・20年度の例)

●平成19年度事業報告
・体験航海 7月21日(土) 横須賀基地 参加者20名「護衛艦:はたかぜ」  
・定期総会 6月13日(水) ロイヤルホールヨコハマ  記念講演 同上 同上 講師:前統合幕僚長 先崎一氏
・富士総合火力演習見学 8月23日(日) 東富士演習場 参加者:30名
・県自衛隊殉職隊員追悼式参加 10月18日(水) 武山駐屯地 代表者の出席及び供花  
・自衛隊記念日観閲式見学 10月21日(日) 朝霞駐屯地 参加者:20名  
・神奈川自衛隊音楽祭り 20年2月11日(月) パシフィコ横浜国立大ホール 役員等参加及び広告掲載  部隊研修 3月12日(水) 武器学校(土浦) 参加者:20名
●平成20年度事業計画
・定期総会 7月9日(水) ロイヤルホールヨコハマ 理事会及び総会  記念講演 同上 同上 講師:軍事評論家 柿谷 勲夫氏
・体験航海 7月20日(土) 横須賀基地 参加者:未定  
・富士総合火力演習見学 8月 東富士演習場 参加者:未定  
・自衛隊記念日航空観閲式見学 10月 百里基地 参加者:未定  
・県自衛隊殉職隊員追悼式参加 10月 武山駐屯地 代表者の出席及び供花  
・神奈川自衛隊音楽祭り 21年2月11日(水) 横須賀芸術劇場 役員等参加及び広告掲載  
・部隊研修 10月〜2月 神奈川県近傍 参加者:希望による  
・県内各協力団体の事業活動に対する支援及び協力 随時

防衛協会会報紹介/イベント紹介

●会報137号(29.1.1)全国青年部会研修大会(神奈川大会)

               神奈川県防衛協会青年部会  会長 溝渕信一

 

 東部方面総監陸将森山尚直様をはじめとした、自衛隊幹部の皆様をはじめ、国会議員の先生方や、神奈川県議会防衛議員連盟の会長をはじめとした先生方等、沢山のご来賓を迎え、昨年11月18日、19日、全国防衛協会連合会青年部会第16回研修大会・東部防衛協会青年部連絡協議会第5回研修大会が神奈川の地で無事挙行出来ました事、心から御礼申し上げます。
 『誓いあう、相模の国で防響のこころ』〜君と僕との約束だから〜の大会テーマのもと全国の会員の皆様と相模の国で、1部は自衛隊東部方面音楽隊のファンファーレで始まった荘厳な式典、2部音楽隊とバイオリニスト赤星鮎美様の重奏な防響ハーモニーの記念音楽会、3部防衛大学学国分校長先生の基調講演、最後に大懇親会では、全国から集まった300名の同志達が、防響の誓いを約束確認しあい、今宵の宴のフィナーレでは、海上自衛隊第4航空群のちどり連の皆様と会員の意志が統一された証として、阿波踊りを踊り明かした、今までにない懇親会になり、更なる防衛意識が高められたと確信をいたしております。
 その思いが必ずや日本の平和を守るという本来の使命に加え、災害派遣など、私たちの暮らしの安全と繁栄のために多岐にわたる活動を下さっている自衛隊の皆さんへの、理解と協力や激励支援の一助となり、より一層日本の平和と安全に寄与出来るものと思います。
 今さら言う事ではありませんが、我々にとって自衛隊は最後の砦なのです。愛する人々を守るという事は、抑止力を高め、しっかりと自衛隊を理解し、支援する事。我々は、青年の責務としてこれらの気概を持ち明日の糧に、今後も揺るぎない思いにしたいと考えます。
 結びに、この大会でご尽力を頂きました東部方面総監部をはじめとした幹部の皆さま又自衛隊神奈川地方協力本部の皆さまに主管地神奈川を代表し心から御礼申し上げご挨拶に代えさせていただきます。

厚木基地研修(平成28年2月17日)

                   厚木基地研修
神奈川県防衛協会(会長 上野 孝 )は、平成28年2月17日(水)海上自衛隊厚木基地において、自衛隊神奈川地方協力本部(本部長 松田1海佐)の支援を受け、海上自衛隊部隊研修を実施した。
 参加者は、海上自衛隊の航空機や第4整備補給隊を見学し、多様な任務を遂行するための専門知識や技量を有して真摯に業務に取り組む隊員たちの姿に触れるとともに、基地資料室において、第4航空群司令部広報室長から厚木基地の歴史や貴重な展示資料について懇切丁寧な説明を受けた。
 参加者の口々から「毎年、自衛隊の部隊研修には参加するたびに新たな感銘を受ける」「非常に有意義な時間であった」という声が聞かれた。
 神奈川県防衛協会事務局長(齋藤善孝 )は、「今後も神奈川県内における防衛基盤育成のために、各協力団体と連携して諸活動を実施していきたい」としている。

    

海自横須賀基地イベント紹介(平成27年8月1日)

            ヨコスカ サマーフェスタ 2015  

 平成27年8月1日(土)神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀地方総監部で開催された「ヨコスカ サマーフェスタ 2015」を取材した。    
 基地開放は午前9時〜午後4時で、庁舎前及び逸見岸壁の陸上では、手旗・ロープ・ラッパ展示を行う小学生限定のマリン教室、陸上自衛隊ヘリコプター地上展示、航空自衛隊のミサイル地上展示、横須賀音楽隊の演奏、ミニ制服で記念撮影、模擬売店などの催しが行われた。
 逸見岸壁では、多くの見学者で行列ができた護衛艦きりしま及び潜水艦やえしおの一般公開、吉倉桟橋では、これまた多くの見学者で行列ができた米海軍ミサイル駆逐艦マッキャンベルが一般公開された。
 厚生センター西側桟橋では、先着順の特別機動船・水中処分艇の体験搭乗が行われた。
 当日は猛暑で、汗だくの中、逸見岸壁、吉倉桟橋等は15000人の来場者で賑い、各種イベントや海軍カレーを味わうなど自衛隊とのふれあいを楽しんでいた。
 特に、特別機動船・水中処分艇の体験乗船は水しぶきを上げ、猛スピードで湾内を航行し、見ている者も一瞬暑を忘れるイベントであった。

  
          いよいよ入場                  きりしまをバックに撮影

  
         パックM司(空自)             ミサイル(空自)と護衛艦きりしま

  
         ミニ制服試着                     護衛艦きりしま

  
      護衛艦きりしまと逸見岸壁            潜水艦やえしおとマッキャンベル(米国)

  
     潜水艦やえしおと護衛艦きりしま              潜水艦やえしお上甲板公開 

  
        潜水艦やえしお乗船口             南極の氷(触れた、冷たかった)

会報131号(27.7.1)東部特集

                    神奈川県防衛協会
                      海自田浦基地研修
             
                   第2術科学校正面で記念写真

 神奈川県防衛協会 海上自衛隊部隊研修 神奈川県防衛協会(会長 佐々木謙二)は、平成27年2月25日(水)自衛隊神奈川地方協力本部の支援を受け、海上自衛隊第2術科学校(田浦基地)の部隊研修を実施した。
 神奈川県防衛協会の参加者は、海上自衛隊創設の地であり、戦後の海上自衛隊における専門教育の開始された伝統ある部隊を見学し、多様な任務を遂行するための専門知識や技量「術科」を真摯に学ぶ入校学生たちの姿に触れるとともに、資料室においては、普段、目にすることのない貴重な展示資料について研究員から懇切丁寧な説明を受け、「海上自衛隊の歴史を学び、非常に有意義な時間であった」と述べていた。
 神奈川県防衛協会齋藤善孝副会長は、「今後も防衛省・自衛隊の諸活動に対する神奈川県民の更なる理解と協力を得るため、各自衛隊機関と連携し、諸活動を実施していきたい」としている。

平成25年度定期総会(平成25年7月17日)


             

 神奈川県防衛協会(佐々木謙二会長は、平成25年7月12日ロイヤルホールヨコハマ(横浜市)で、平成25年度定時総会を開催した。
 佐々木会長は挨拶の中で、神奈川県防衛協会が、平成15年の設立当初より、皆様の積極的なご支援とご協力を得て、無事に10年目の節目を迎えられたこと、また、我が国の安全保障を取り巻く環境は、依然として厳しい情勢であり、国内外に我が国の防衛という重大な任務に精励する防衛省・自衛隊に対し国民の信頼と期待が一層高まってきていることを述べた。
 更に「防衛省・自衛隊の諸活動を、神奈川県防衛協会も一丸となって支援し、協力活動をより一層充実させていきたい。」と抱負を語った。


平成19年度定期総会(平成19年6月13日)

               2代目会長に 上野横商会頭を選任
 神奈川県防衛協会は、自衛隊神奈川地方協力本部(1海佐江之口譲本部長)の支援を受け6月13日、平成19年度定期総会を開催、初代会長の高梨氏の後任に、横浜商工会議所会頭(神奈川県商工会議所連合会会頭兼務)の上野孝氏(62)を選任した。
 新会長は「神奈川県防衛協会は防衛省・自衛隊との一層の連携の強化に努め、防衛基盤の育成を図っていきたい」と抱負を述べた。
 記念講演は初代統合幕僚長先崎一氏による「転換期の自衛隊」で、隊員を初めてイラクへ派遣した貴重な経験談に聴講者は深い感銘を受けた。
 懇親会では、県選出国会議員、県議会議長、政財界の代表、自衛艦隊司令官ら陸・海・空自衛隊の指揮官が一同に会し活発な意見交換を行い、連携強化の重要性を確認した。

平成18年度定期総会(平成18年6月6日)

@ 協会等名(会長):神奈川県防衛協会 (梨昌芳会長)
A 開催日及び場所:6月月6日(火)ロイヤルホールヨコハマ(横浜市)
B 出席者概数:100人
C 概要・特色等:小泉自民党総裁からも祝電。
D 防衛講話演題
(講師):「安全保障と神奈川」太田文雄教授(防衛大学校 安全保障・危機管理教育センター長 )


遠洋航海部隊の壮行会(平成19年4月4日)

 横須賀防衛協会、横須賀市、同市議会、同商工会議所及び海上自衛隊横須賀地方総監部と共催で4月4日、吉倉桟橋に入港した平成十八年度海上自衛隊遠洋航海部隊の壮行会を実施した。
 入場曲「海が行く」が流れる中、練習艦隊司令官以下、乗組員、実習幹部総勢215名は横須賀市民大勢の拍手で迎えられた。  
 冒頭、蒲谷亮一壮行会長(横須賀市長)が、「わが国を代表する使節団の役割を果たし、日本の海上自衛隊の存在を示しつつ、目的の達成と航海の安全を祈念します」旨、挨拶した後、ホノルル市長宛てのメッセージを練習艦隊司令官に託した。引き続き、練習艦隊司令官、実習幹部代表が挨拶、約一時間和やかに懇談を行なったあと、全員で万歳を三唱してしめくくった。

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:29.1.1

補正値:+7904