本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊活動の支援協力を目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(山形)山形県防衛協会の紹介 女性部関連 青年部関連

主要役員(25.6.5現在)

 役職名  氏  名  職  名  備  考
 会 長  清 野 伸 昭  山形商工会議所 会頭 全国防衛協会連合会理事
 女性部長  鈴木 百合子   紅の会
全国防衛協会女性部会理事
 事務局長  三 澤 栄 治    

組織構成

 区  分 組 織 名  備  考 
 役員等    役員  会長・副会長
 顧問等  
 会員  市町村協力会
 支部協会  市町村協力会  支部協会等の通り
別組織  虹の会(女性部会)  会長  鈴木 百合子
事務局   事務局担当  山形商工会議所内(総務部総務課)
 自衛隊連絡窓口  自衛隊山形地方協力本部

支部協会

 区 分  名   称 会  長  職    名
市   山形市自衛隊協力会(霞城会)  山 澤   進  山形商工会議所会頭
 米沢市自衛隊協力会  太 田 常 雄  農業
 鶴岡市自衛隊協力会  本 山   彌  鶴岡商工会議所会頭
 坂田・飽海地区自衛隊協力会  齋 藤 茂 徳  酒田商工会議所会頭
 新庄市自衛隊協力会  海 藤   剛  (社)新庄青年会議所理事長
 寒河江市自衛隊協力会  佐 藤 誠 六  寒河江市長
 上山市自衛隊協力会  阿 部  實  上山市長
 村山市自衛隊協力会  佐 藤  清  村山市長
 長井市自衛隊協力会  目 黒 栄 樹  長井市長
 天童市自衛隊協力会  遠 藤   登  天童市長
 東根市自衛隊協力会  土 田 正 剛  東根市長
 尾花沢市自衛隊協力会  小 野 紀 男  尾花沢市長
 南陽市自衛隊協力会  落 合   進   蒲詩土建工業代表取締役
 山辺町自衛隊協力会  遠 藤 直 幸  山辺町長
 中山町自衛隊協力会  宇津井 弘 治  中山町長
 河北町自衛隊協力会  田 宮 栄佐美  中山町長
 西川町自衛隊協力会  近 松 捷 一  西川町長
 朝日町自衛隊協力会  鈴 木 浩 幸  朝日町長
 大江町自衛隊協力会  上 田 郁 雄  大江町長
 大石田町自衛隊協力会  阿 部 孝 義  大石田町長
 金山町自衛隊協力会  松 田   實  金山町長
 最上町自衛隊協力会  高 橋 重 美  最上町長
 船形町自衛隊協力会  伊 藤 和 昭  船形町長
 真室川町自衛隊協力会  井 上   薫  真室川町長
 大蔵町自衛隊協力会  半田 庄一郎  大蔵町
 鮭川村自衛隊協力会  元 木 洋 介  鮭川村長
 戸沢村自衛隊協力会  渡 部 秀 勝  戸沢村長
 高畠町自衛隊協力会  大 木   寛  高島町議会議員
 川西町自衛隊協力会  佐 藤 将 己  鰍ォれい社代表取締役
 小国町自衛隊協力会;  小 野 精 一  小国町長
 白鷹町自衛隊協力会  佐 藤 定 敏  消防団長
 飯豊町自衛隊協力会  山 岸 圭 介  
 庄内町自衛隊協力会  原 田 眞 樹  庄内町長
 三川町自衛隊協力会  阿 部   誠  三川町長
 遊佐町自衛隊協力会  小野寺喜一郎  遊佐町長

主要事業(年度事業計画から)

●年度事業計画から
1 会組織の充実
 @ 単位協力会総会等への祝電と連絡調整
 A 総会・役員会の開催及び部隊との連絡調整  
2 部隊諸行事協賛
 @ 第6師団・第20普通科連隊創立及び諸部隊の記念行事に協力
 A 駐屯地創立記念行事に協力
 B 定期演奏会に協力
 C その他自衛隊行事に協力  
3 隊員慰問・激励
 @ 新隊員の激励  
 A 訓練演習等の見学・激励  
4 隊員募集協力
 @ 新隊員入隊式・入隊行事等に協力
 A 山形地方連絡部の広報行事に協力  
5 広報
 @ 第20普通科連隊広報誌「霞城」発行に協力
 A 第6師団広報誌「やまなみ」発行に協力
 B 各広報班との連携協力  
6 友誼団体との連携・親睦  
 @ 各団体総会等への出席又は祝電
 A その他諸行事等への参加協力

青年部会設立(会報134号28.4.1)

             山形県防衛協会青年部会設立
 平成28年3月12日、山形県防衛協会青年部会の設立総会が開催され、山形県に青年部会が誕生しました。会員は39名で、初代会長は伊藤三之が就任し、山形県防衛協会青年部会としての第一歩を踏み出すことができました。
 当日は、山形県防衛協会清野伸昭会長、第6師団掛川壽一師団長はじめ自衛隊関係者の皆様並びに全国防衛協会連合会青年部会野々口弘基前会長はじめ県会長の皆様にご臨席を賜りました。
 また、祝賀会は冒頭に佐藤山形市長からご祝辞を頂戴し盛大に行われました。
 設立に際しては、親会の清野会長の多大なるご支援、そして陸上自衛隊第6師団の温かいご協力を賜り、心より感謝申しあげます。                      山形県防衛協会青年部会事務局長 長谷川浩一郎

          

会報特集「北海道・東北地方」(会報130号27.4.1)

                       山形県

 山形県防衛協会は、昭和41年10月に県内の各市町村に設立された各地自衛隊協力会の上部団体として、山形県自衛隊協力会連合会の名称で設立され、平成19年7月に現在の名称である山形県防衛協会に改称し、現在に至っております。

 例年定期総会に併せて自衛隊関係者を講師にお迎えして記念講話を開催し、自衛隊の活動状況や我が国を取り巻く安全保障環境などについて会員の理解を深めるとともに、自衛隊主催の各種事業への協力、各部隊広報室との連絡調整が主な事業となっております。

 今年度は、南スーダン派遣施設隊等の第7次要員として陸上自衛隊第6師団から隊員が派遣されるにあたり、清野県防衛協会長が川ア朗第6師団長を訪問して激励を行っております。

  
          総会記念講話                   南スーダン激励    

会報特集「花開く女性部会(北から南から)」(会報115号23.7.1)

        東日本大震災・郷土とともに
      
                     久納師団長に激励品を贈呈

 地震と津波、停電で文化生活は全てストップした。  
 ラジオからの惨状は、死者行方不明者数に驚愕しつつも現実感はなく、三日目の夕刻、電気が復旧した時には皆が思わず拍手をしていた。しかし、テレビで目にした映像は、言葉もなく、ただ涙が流れた。  
 天皇陛下の「自衛隊のみなさん」と最初に感謝の意を下されたお言葉にまた涙が流れた。  
 出動した陸海空10万余の自衛隊員の姿に、最後の頼りだと再認識した。  
 仙台空港が被災し、山形空港や神町駐屯地飛行場では米軍も参加し昼夜ヘリの発着が絶えず、駐屯地は天幕と部隊で溢れた。  
 なんとか激励にとお願いし、3月29日に仙台駐屯地で久納師団長にお会いすることができた。  
 「被災者のニーズに応じた、より質の高い支援」のため様々に創意・工夫していることに驚いた。  
 初めて災害派遣招集された即応予備自衛官も、士気・規律に優れ、行方不明者の捜索を希望する隊員が多いと聞き、元自衛官の使命感と自覚を感じた。  
 4月29日には、紅の会(鈴木百合子会長)役員4名で2回目の激励に伺った。前日は発災後49日目で、師団長はじめ各部隊長さんが隊旗ともに黙祷をする写真を見て、胸に迫るものがあった。    
 案内された仙台港の状況は、津波に流された車と瓦礫の山が延々と続き言葉もなく。被災の島々に向かい、合掌。閖上・名取・相馬方面にも合掌するしかなかった。  
 5月23日に3回目の激励に伺った。態勢縮小に伴い他師団等の任務を引き継ぎ、宮城県沿岸部全域と福島第1原発10q圏内の行方不明者の捜索を行っているとのことであった。  
 長期の派遣で疲労も蓄積しているであろうに、士気高く任務完遂に向かって頑張っておられる姿に感動し、とても誇りに感じた。  
 「ありがとう、自衛隊のみなさん」

女性部会 会報紹介(会報110号22.4.1)

          地域密着の活動で増勢
             
                   部隊研修で火砲の前に勢揃い  
 山形県女性部会(鈴木百合子会長)では地域に密着した活動を中心に会員を増勢しています。各地区の防災会議に参加し、「災害時には一人の犠牲者も出さない」という気概のもとに会員全員が防災知識の向上を図っています。
 また県道の開通式展には女性部会が中継となって自衛隊音楽隊が出演し、地元住民に感動を与えています。そして地域住民との触れ合いの中から会員が増えてきています。  
 2月21日には総会で副師団長の講話を頂き、自衛隊の災害派遣・ハイチの最新情報等、国際貢献活動に対する知識を大いに深めました。  
 県外への部隊研修では2月に北海道の第7師団、第11旅団等を訪問し雪像部隊を激励しました。  
 他県との交流では、福島の「花桃の会」を正式に防衛協会の女性部として入会していただくように本部との中継をさせて頂き、4月から全国の女性部会として活躍して頂くことになっています。  
 これからも女性の力が大いに発揮できるよう頑張りたいと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【主要な活動】【平成20年10月〜21年10月16日現在】
○20年11月 全国女性部会研修会参加
○21年1月 「金井地区」において防衛講話(講師:第6師団副師団長「岩手・宮城内陸地震」)
○21年3月 ヒゲノ隊長 佐藤正久氏「国際貢献と現場主義」講演会 野中光男氏「オヤジたちの国際貢献」
○21年3月 UNDOF帰国行事参加(挨拶・花束贈呈を実施)
○21年8月 富士綜合火力演習見学
○21年10月 紅の会部隊研修 霞ヶ浦駐屯地「関東補給処」
○その他 各協力会の総会及び第6師団・第9師団・東北方面創隊記念日、
     山形地本等の行事に参加(6師団協力会:「藤王会」の理事)
【今後の予定】
○ 自衛隊等のイベント参加(中央観閲式・自衛隊音楽祭り等)
○ 第6師団、山形地本等の行事に参加(定期演奏会、師団音楽祭り、餅つき行事、山形県入隊予定者激励会等)

山形県防衛協会

〒990-8501
山形県山形市七日町3-1-9
山形商工会議所内
(山形県防衛協会事務局)

TEL 023-622-4666 FAX 023-622-4668

最終更新:28.11.2

補正値:+1394