本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

自衛隊紹介(トップ)●防衛省の取組 ●防衛省・自衛隊の組織 ●自衛隊の任務              ●自衛隊の活動 ●防衛協会会報「防衛省・自衛隊」関連記事

防衛省・自衛隊の組織・任務・活動についての説明ページへのリンクを紹介しています。

防衛省の取組(防衛省HPから抜粋)

防衛政策
 わが国を取り巻く安全保障課題や不安定要因は、多様で複雑かつ重層的なものとなっており、わが国としては、これらに起因する様々な事態に的確に対応する必要があるとともに、地域の安全保障課題に加え、グローバルな安全保障課題に対し、同盟国、友好国その他の関係各国と協力して、積極的に取り組むことが重要になっています。ここでは、このような認識に基づいたわが国の安全保障を確保する方策、憲法と自衛権の関係及び防衛政策の基本、日米安保体制の意義並びに防衛計画の大綱について説明します。
防衛の基本的考え方
 ここでは、わが国の安全保障を確保する方策、憲法と自衛権の関係及び防衛政策の基本を説明します。
我が国の安全保障
憲法と自衛権
防衛政策の基本
日米安全保障体制
 わが国はこれまで、外部からの侵略に対しては、わが国の平和と安全の確保のため、日本国憲法の下、独立国として必要最小限の基盤的な防衛力の整備に努めるとともに、日米安保体制を基調としてこれに対処することとしてきました。 ここでは、わが国の安全保障にとっての日米安保体制の今日における意義や役割などを説明します。
日米安全保障体制の意義
・我が国の平和と安全の確保
・わが国の周辺地域の平和と安定の確保
・グローバルな安全保障環境の一層の安定化
日米防衛協力のための指針
・新「指針」
・1997年の「指針」(97「指針」)
・1978年の「指針」(78「指針」)
日米協議
・共同発表
・共同報道発表
・防衛省会談
オスプレーについて
その他(日米安全保障共同宣言及び各種資料)
防衛大綱と防衛力整備
国家安全保障戦略
平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について
中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)について
我が国の防衛と予算(年度予算の概要)
武力攻撃事態への対応
 平成15年に成立した武力攻撃事態対処関連3法、平成16年に成立・締結承認された事態対処法制関連7法及び関連3条約について紹介。
有事法制関連
防衛省・防衛装備庁国民保護計画
各種事態への対応
中国航空戦力等の我が国周辺空域における活動について
ソマリア沖・アデン湾における海賊対処
弾道ミサイル防衛(BMD)について
災害関連
生物兵器対処に係る基本的考え方
北朝鮮による核問題への対応       
国際平和協力活動への取組
国際平和協力活動とは
各活動及び取組
リンク集

自衛隊の組織

防衛省
我が国の防衛組織 ●内部部局の組織図
統合幕僚監部
統合幕僚監部の組織
陸上自衛隊
駐屯地・組織 ●北部方面隊 ●東北方面隊 ●東部方面隊
中部方面隊  ●西部方面隊
海上自衛隊
海上自衛隊の組織
航空自衛隊
航空自衛隊の組織  ●航空団の組織  ●基地(エリア一覧)
基地(北空エリア) ●基地(中空エリア/関東地区)
基地(西空エリア) ●基地(南混エリア))  
地方窓口
自衛隊地方協力本部  ●地方防衛局

自衛隊の任務

統合幕僚監部
統合幕僚監部の所掌事務
陸上自衛隊
陸上自衛隊の役割
海上自衛隊
海上自衛隊の役割
航空自衛隊
航空自衛隊の役割

自衛隊の活動

統合幕僚監部
統合幕僚監部の活動
陸上自衛隊
陸上自衛隊の各種活動
海上自衛隊
海上自衛隊の主な活動
航空自衛隊
航空自衛隊隊員の仕事

防衛協会会報「防衛省・自衛隊」関連記事紹介

自衛隊関連記事参照

 

バナースペース



        防衛省HPから

全国防衛協会連合会

〒162-0844
 東京都新宿区市谷八幡町13番地
       東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348
FAX 03-5579-8349

最終更新:28.9.14